主体性と客観性 Speciality and Generality

生活や事業経営を取り巻く環境は日々変化している。経済論理に偏った現代社会はそれ故に、人間であることの意味を、根底から問われているように思う。

もはや、国際化や情報化そして、専門知識という手段のみだけでは解決できない壁があるのではないだろうか。良心を手腕に運用する新しい人間観、世界観の想像と創造こそ大切ではないだろうか。

私たち税理士法人さくら会計は、税理・会計のプロとしての「主体性」と自分たちも生活者視点=お客様視点を常に意識した「客観性」によって、この課題に応えたい。

複雑化する税制を確実にフォローし、起業・設立・開業、さらに事業承継、相続対策のすべてのプロセスにおいてコミットしてまいります。「主体性」と「客観性」、スペシャリティとジェネラリティそれが、私たちの行動理念です。
代表税理士
加藤英夫

税理士法人さくら会計